Blog

770e59437c452dae43b88a4b0e438def

Archifuture Web Article 05

http://www.archifuture-web.jp/magazine/315.html

3d1a427cf529c4e4339450783c5f0e4d

Archifuture Web Article 04

http://www.archifuture-web.jp/magazine/304.html

IRW-01

Archifuture Web Article 03

http://www.archifuture-web.jp/magazine/265.html

671bdfef4e3e96595f9a3da6e755b6c9

ArchiFuture Web Article 02

Archifuture Webにコラムを寄稿しました。2回目の投稿なので、BIMとデザインの自動化のお話になっています。コンピューテーショナルデザインに携わる者として設計の現場で進んだBIMの現状と問題、解決策等、想うことを綴っています。ぜひお目を通してください。
2017-10-24

Pattern Gradation

top01

Archifuture 2017

Archifuture 2017のセミナーに登壇させて頂きます。   プログラミングを用いた設計手法・建築生産の可能性と未来 ―建築の各工程を繋ぐ新しい職能“ジオメトリデザインエンジニアリング”― 日程: 2017/10/27  S-5 15:00~15:40

2017-10-24

Pattern Gradation

パターンの粗密の付け方のサンプル。カーブとボカシの範囲を設定することで、開口部の大きさを調節しています。
Capture

Kuka Prc tutorial

FabCafeでGrasshopper Essential Class Kの授業(5時間)開催しました。初めてKukaについてレクチャーしましたが、やはり共有して意見や反応が得られることは本当にうれしいことです。 21日から本格的にワークショップが始まります。

beam_First_Frame

Grasshopper to Revit

Grasshopperで形状検討をした後、ファミリーやタイプの情報を加えてRevitに情報を送る方法の紹介です。Revitで情報を入力する際は、時間がかかるため形状検討・変更はGrasshopperで行い、Revitで入力自動を行います。
IMG_8145

Grasshopper Beginner School

Fab Cafeにて、出版記念イベントとして3か月全12回コース(各講習2時間)の初心者向けグラスホッパー講習を開催しました。ハンズオンで行うため、今回は参加者の人数を絞ってのワークショップでしたがたくさんの方々から応募を頂きました。